Facebookのページ

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

手術前

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

手術後

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

手術前

アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症

手術後

相談内容

12歳コッカースパニエル
目は赤いし、目ヤニは多い、どうにかなりませんか?という相談でした。

 
コメント
診断は右目の内反症です。
アメリカンコッカースパニエルは内反症が多い犬種です。またチェリーアイで再発が多い事でも有名です。共通するのは皮膚や粘膜が緩い事です。放置しておいてもこの元々の緩みがある以上、改善しません。角膜に傷をつける前に治療してしまいましょう。
手術を終えて。
飼い主様「目が良くなった。やってよかったわ。また何かあったら先生よろしくね…..」
浅野「よかったです。こちらこそよろしくお願いします。」
実は、飼い主様、とっても不安でなかなか手術の決断を下せませんでした。
私は、学歴、研修歴、手術実績など色々と質問されまして大変でした。そんなに心配なら東大病院を紹介しますよ。何としても自分が手術しようとは思っていませんから…….という会話までしていました。笑
手術の結果は満足だったようで、結果として成功です。
*コッカーは術後の再発に注意が必要です。
[ アメリカンコッカースパニエルの眼瞼内反症 ]犬の眼科2018/05/09 17:30