Facebookのページ

白内障の相談

白内障の相談

  白内障の相談

相談内容

白内障の相談 は非常に多くなっております。その中で今回は手術って本当に必要ですか?という相談でした。バックグランドとして、かかりつけの病院で白内障と言われ、手術が必要だから専門病院を紹介されたました。そして定期的に専門病院を受診していたら、待合室で目が真っ赤に腫れた犬がいたようです。飼い主さんは激怒していて「大丈夫大丈夫と言われて手術を受けたらこうなったのよ!!ここで手術をしたらダメ!!」と待合室で叫んでいたようです。心配になって私の所へ相談に来られました。

確かに心配になりますよね。相談者も例にもれず、先生に大丈夫大丈夫という趣旨の話をされたと言う事です。
そこでです、白内障の手術は必要か?です。
私の見解は「白内障手術は視力を守る有効な手段の一つ」です。
白内障の手術が有効な根拠は外来でも納得していただけます。
手術のリスクもありますが、結局はリスクを背負ってまでペットの視力を守ってあげたいのか?なのです。
その決断を下すのに、ペットが家に来た日の事から話を始めます。その過程がとっても重要なんです。

私の外来は、相談が多いです。
そして時間がかかります。とくに慎重で熱心な方の場合は、その場で解決できない事もあります。(予約制なので次の方が……)
無理に急いで手術をして、もし失明したら後悔しますよね。
心配な方、納得してから手術を受けたい方は、先生にしっかりと相談にのってもらいましょう。

[ 白内障の相談 ]犬の眼科2018/06/05 10:23